Xbox360 の実績が気になります。

ぬるい実績大好き!ブログ書く暇があるなら実績解除しよう!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Beijing 2008

北京オリンピック始めました。
冷やし中華始めました、的なノリで。

様子見てみようと少しやってみたら
グループのリーダー「フレンドの自己記録を破りました。」
が解除されちゃって引っ込みがつかなくなったという。

何人かは、同時に 4 人ペキってるのを見ることができたんじゃなかろうか。

連コン効かないって話だったけど効いてるような。
トレーニングで 100 m 9 秒 80 でたよ。あと 1/100 秒……。
初め、アナログスティック無いの知りつつボタン押しやすいかなと思って
RAP でやってみたんだけど、一応確認のため連射 ON にしたらいけてた。
なので、いまは 青の HORI コンでやってる。
スポンサーサイト

Beijing 2008

柔道や平行棒なんかの LT RT 連打がまったくうまくいかない。助けて!
ゲージがほとんど貯まらないんです。



今週末はまたゲームできないので、月曜見たらもうみんなコンプしててがっかりするんだろうな。



LT RT 連打がうまくいかないので体操競技の間にコントローラを入れ替えることを検討。
普通にやったらコントローラ番号がずれてしまうので、4 コンまですべて埋めておけばいいかな。
(つまりコントローラは 5 つ以上必要)
アナログスティックが必要なところは普通のコントローラで、トリガー連打は RAP で。



連コン効くよ、ってのを広めたはいいけど、うちの青 HORI だと水泳は何とかなっても
短距離走や棒高跳びがぜんぜんだめなんですけど。



重量挙げのバランスあわせが下手くそ。そして手のひらが痛い。

Beijing 2008

念願の筋金入りのオリンピック選手を解除したぞ!!!!!!!!!!

って大声で言おうと思ったら、どこかの木材さんがなかなかいやらしい感じに
コンプ報告しててどっと疲れました。
しっかりとカテゴリは北京オリンピック 2008にしてんのにね。

競技内容はさぼろうさんとこを見てもらうとして。
攻略が充実してきたので一発で解除できました。
オリンピックモードを一から始めないと解除されない(らしい)ので
初めは能力育ってなくて大変。初日の三段跳びの角度なんか、
トレーニングモードのつもりでやると一気にゲージ振り切っちゃうくらい早い。

15 日目はフィールド二つを捨てた。というか槍投げは失敗した。
17 日目は走り幅跳びが無理なので他四つで。
平行棒は競技中のコントローラ切り替え(LTRT 連打は RAP)をした。
チャレンジは基本スルーだが、16 日目は機械の力を借りれば余裕なので
最終日のための能力底上げ用にやった。
10 日目の水泳はフライングですべて無駄になるのが怖くてやめたがやってもいいかも。

青 HORI は連射速度が 10 と 20 なので、
同時押し判定されまくって速度が出づらいのだと思った。
RAP は 12 と 20 なのでそこまでぶつかりはしない。
とはいえ、200 m はきっついなー。これだけ自力で頑張るしかないのか。

Beijing 2008

超人になる気のないだれかー。
デカスロンとヘプタスロンの 1 位、コントローラ 4 つずつ使ってやっちまいませんか?
もう、少しでも楽したい。

ところで、ヘプタスロンの実績アイコン、「8」って書いてないですか?
オクタスロンじゃないですよ。



談合相手が見つかりました。
これまともにやるのはなかなかのプレッシャー。
筋金入りにはなったので、もういいよこういうのは……。



跳馬はオリンピックモードでスローでやったけどどうにもだめで
トレーニングでやったら一発でできた。

重量挙げは、実績 wiki には 220 + 260 で、みたいなことがかいてあるけど、
後半は 270 でもまだ余裕があったので 212.5 + 265 とかでもよさそう。
これもトレーニングで。
パワーためた後に持ち上げるときの操作は、矢印が出る前にスティック下に入れておいて
出たら表示通りに外を回して上に上げる、ってやってるんだけど、いまいちわからない。

柔道は三戦連続で相手を 0 に抑える自信がなかったので、4 コン使って少し楽をした。
スティックの判定がいまだにわからない。

卓球はオンラインでこっちコントローラ 4 つ、相手ひとつ、だった時に
一戦目が自分 vs 自分だったのでそこで解除。
ゲージをためずにサーブを打つとミスるのを使う。



200 m と走り幅跳びがうまくいかない。
200 m のランキング眺めたら、LINA さんが爆速なんだけど、どうやったんだろう。

Beijing 2008

4 コン x 2 人談合でデカスロンとヘプタスロンを終わらせた。
デカスロンはちょうど 1 時間ずつかかった。
トラック競技は一発勝負だからいいけど、フィールド競技は試行が 3 回あるので
実績解除しない 7 人分は頑張って失敗しないといけないのがめんどう。
とはいえ、1 位を取れないかもしれない、という心配がなく 1 回で成功できる。
ポイント実績があるので手は抜けないのだけれど。
トレーニングの能力と比べると、走り幅跳びの記録が 1 m 以上短いなど、
やたら弱いので、ちょっとてごわい。
デカスロンの目標ポイントは 9000 で、一競技 900 平均なのだけど、
談合相手のポイントが 8 競技終わった段階で 7100 とかでドキドキした。
最終的には 9050 くらいまでのばして終われたのでよかった。

残りはスキート、10 m ピストル、カヤック、200 m。
200 m 以外は練習してある程度感触はつかんだ。
しかし、200 m はホントにだめだ。どうしたもんだ。
ミニコンが空から降ってこないかな。
RAP なら扇風機で押せるんじゃないか、とか考えてる自分がいる。やらないよ?

ここまで振り返ると、筋金入りのオリンピック選手以外は
大した実績ないんじゃないの?と思えてくるのが怖い。
もちろん機械の力借りる前提なのだけど。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。