Xbox360 の実績が気になります。

ぬるい実績大好き!ブログ書く暇があるなら実績解除しよう!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Millionaire

Who Wants to Be a Millionaire 2012 Edition
実績 wiki なし / TA / xba

北米リージョンロック。
コンプまで 8 時間程度。 すべてオフライン。
要 KINECT。 要、二人目のようなもの。

KINECT の必要性をまったく感じないこのゲーム。 操作するのがめんどくさい。
二人目のようなものの認識が難しかったので、本物を用意できればいいでしょうねぇ。
Xbox One だと二人目のごまかしが効かない精度になっているんでしょうかね?

一人用と二人用のモードについて。

Good Start
最初の一問を累計 25 回正答する。

Audience Lover
Audience を累計 10 回使用する。
Audience は後半に使用できるので、Fast and accurate の過程で毎回使うようにするとよい。

Multi-Millionaire
二人プレイなら後半に楽に進めるので 4 回はそれで 100 万獲得しておくといい。

Speed of Light
二人プレイで Fastest ボーナスを累計 10 回獲得する。

Underdog
二人プレイの前半で 20,000 ドルの差から逆転して後半へ進む。
「1P 0 vs. 2P 20,000 ~ 22,600」の状態をつくり、そこから逆転する。
賞金の順番はランダムなので 2P を範囲内に調節できないこともある。

Tortoise
二人プレイで後半に進まずに勝利する。
前半で 1P を 25,001 以上にし、2P はそれを超えるようにする。
後半に進んだ 2P が一問目で Walk Away すると 25,000 になるので 1P が勝利できる。

以下、実績リスト。

続きを読む
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。