Xbox360 の実績が気になります。

ぬるい実績大好き!ブログ書く暇があるなら実績解除しよう!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Millionaire

Who Wants to Be a Millionaire 2012 Edition
実績 wiki なし / TA / xba

北米リージョンロック。
コンプまで 8 時間程度。 すべてオフライン。
要 KINECT。 要、二人目のようなもの。

KINECT の必要性をまったく感じないこのゲーム。 操作するのがめんどくさい。
二人目のようなものの認識が難しかったので、本物を用意できればいいでしょうねぇ。
Xbox One だと二人目のごまかしが効かない精度になっているんでしょうかね?

一人用と二人用のモードについて。

Good Start
最初の一問を累計 25 回正答する。

Audience Lover
Audience を累計 10 回使用する。
Audience は後半に使用できるので、Fast and accurate の過程で毎回使うようにするとよい。

Multi-Millionaire
二人プレイなら後半に楽に進めるので 4 回はそれで 100 万獲得しておくといい。

Speed of Light
二人プレイで Fastest ボーナスを累計 10 回獲得する。

Underdog
二人プレイの前半で 20,000 ドルの差から逆転して後半へ進む。
「1P 0 vs. 2P 20,000 ~ 22,600」の状態をつくり、そこから逆転する。
賞金の順番はランダムなので 2P を範囲内に調節できないこともある。

Tortoise
二人プレイで後半に進まずに勝利する。
前半で 1P を 25,001 以上にし、2P はそれを超えるようにする。
後半に進んだ 2P が一問目で Walk Away すると 25,000 になるので 1P が勝利できる。

以下、実績リスト。

続きを読む
スポンサーサイト

Michael Phelps: PTL

Michael Phelps: Push the Limit
実績 wiki なし / TA / xba

北米リージョンロック。 要 KINECT。
コンプまで 5 時間程度。 すべてオフライン。

すべての実績は Career Mode で解除。
「 数レースこなす -> Annual Games に出る 」 を 3 回 ( 3 年分 ) 繰り返す。
Annual Games に出る、Annual Games を終える、は後戻りできないので注意。

普通にやると 2 年目以降勝つのがつらくなるので 1 年目で作業をする。
レベルアップのためのポイントはレースで 3 位以上に入るともらえる。
1 位になるとそのレースはもう選択できなくなってしまうが、2, 3 位ならば何度でも挑戦できてポイントももらえる。
そこで、1 年目の右上のレース、50 m 平泳ぎを何度も繰り返すことになる。
自分のひとつ奥のレーンの選手よりも少しだけ遅く泳いで 2 位になるようにする。
これで 3 ポイント入手できるので、以下のレベルになるまで頑張る。
Speed : 9, Stamina : 7, Dive : 4, Turn : 4, Finish : 4
2 年目を終えるころには次のようになるようにする。
Speed : 10, Stamina : 10, Dive : 5, Turn : 5, Finish : 5
3 年目は勝てないかもしれないが 3 位以上で次に進めるので、適当にやる。

このゲームで一番大変だったのは 「 SKIP 」 のボイスコマンドを認識してもらうこと……。

Globe Trotter
すべての会場で泳ぐ。
1 年目は 3 会場あり、レベル上げを兼ねてすべてのレースに参加しておけば抜けがない。
2 年目はレースのアイコンが桜の Sakura Pool を使用するのを忘れないようにする。
3 年目で Perth Pyramid を使うと解除。

Hyped Up
50 m 以外のレース前に、観客をあおるシーンがある。
そこで左右の手を交互に上げ、メータを 100 % にして維持する。

Hair Trigger
フライングする。 合図の前に動くと解除。

Optimum Dive
適切なスタートをする。 すばやく立ち上がって両手を前に出す。

Optimum Finish
適切なゴールをする。 「 hands down 」 で両手を下ろして、「 reach now 」 で片手を上に上げる。

Annual Games Debut
1 年目で右端までレースを終えると出現する Annual Games に参加すると解除。
参加すると戻ることはできない。

Butterfly Winner
バタフライで勝利する。 1 年目の Annual Games の 6 レース目で狙うと楽。

Backstroke Winner
背泳ぎで勝利する。 1 年目の Annual Games の 8 レース目で狙うと楽。

Optimum Turn
2 年目で追加されるターンの操作を適切に行えば解除。

以下実績リスト。

続きを読む

SB: Robotic Revenge

SpongeBob SquarePants: Plankton's Robotic Revenge
実績 wiki なし / TA / xba

コンプまで 10 時間あまり。 すべてオフライン。
要 4 コントローラ。

ストーリークリア後、全員分の武器を全アップグレードする作業をするとほぼ終了。

Master Sponge
Master Squirrel
Master Star
Master Squid
Master Crab
ストーリクリアで大体一人分終わる。
残りは 1-2 から初めて 1-4 に入ったら抜ける、を繰り返す。
一人分で 2 時間足らず。

Coral Skydiver
落下シーンで物にぶつからなければ解除。
初めての落下シーンで、最初と最後だけ上、残りは右上にはりつく。
失敗すると、飛ばせないデモシーンも含めたレベルの初めからやりなおし。
飛び降りる前に HP をぎりぎりまで減らしておくと、失敗しても一度だけは落下の初めからやり直せる。

Not Defeated Yet
マルチプレイで、HP を 0 にしてほかのキャラで近づいて助けると解除。
20 回やると Field Medic

Team Sponge
クリア直前に 3 人増やしてクリアの時点で 4 人いればよい。

続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。