Xbox360 の実績が気になります。

ぬるい実績大好き!ブログ書く暇があるなら実績解除しよう!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Millionaire

Who Wants to Be a Millionaire 2012 Edition
実績 wiki なし / TA / xba

北米リージョンロック。
コンプまで 8 時間程度。 すべてオフライン。
要 KINECT。 要、二人目のようなもの。

KINECT の必要性をまったく感じないこのゲーム。 操作するのがめんどくさい。
二人目のようなものの認識が難しかったので、本物を用意できればいいでしょうねぇ。
Xbox One だと二人目のごまかしが効かない精度になっているんでしょうかね?

一人用と二人用のモードについて。

Good Start
最初の一問を累計 25 回正答する。

Audience Lover
Audience を累計 10 回使用する。
Audience は後半に使用できるので、Fast and accurate の過程で毎回使うようにするとよい。

Multi-Millionaire
二人プレイなら後半に楽に進めるので 4 回はそれで 100 万獲得しておくといい。

Speed of Light
二人プレイで Fastest ボーナスを累計 10 回獲得する。

Underdog
二人プレイの前半で 20,000 ドルの差から逆転して後半へ進む。
「1P 0 vs. 2P 20,000 ~ 22,600」の状態をつくり、そこから逆転する。
賞金の順番はランダムなので 2P を範囲内に調節できないこともある。

Tortoise
二人プレイで後半に進まずに勝利する。
前半で 1P を 25,001 以上にし、2P はそれを超えるようにする。
後半に進んだ 2P が一問目で Walk Away すると 25,000 になるので 1P が勝利できる。

以下、実績リスト。

続きを読む

Adventure Camp

Cabela's Adventure Camp
実績 wiki なし / TA / xba
北米リージョンロック。 要 KINECT。

xba には 2-4 時間、TA だと 1-2 時間でコンプとなっている。
30 分ほどプレイしてそりゃ無理だろと思ったけど、結果的には 3 時間程度だったかも。

Cabela's という名前だけど、いつものように動物をバンバン殺すゲームではない。

Exercise
ジャンプ台で出る空中でのポーズ指示を、累計 10 回こなす。

Girlz Rulz!
全てのミニゲームを女性キャラでプレイする。
Cabela's Cup で順に選んでいくのがいい。

Stunt Man
倒れてくる木の両サイドはジャンプせずに通り抜けることができる。

Shoot the Rapids
両手で棒をつかむイメージで、腰をひねり両こぶしを体の左右に交互に出す。
カヤックがひっくり返っている間も気にせず動作を続けることで Speed Freak も解除できる。

Speed Cruiser
何度かやってゲートとコインの配置を把握しておく。
ゲートの手前にあるコインも使ってゲートを開けることを意識する。

Speleologist
youtube

Ultimate Combo
ダイナマイトで破壊した数も含まれている模様。

Golden Fever
黄色い魚を、累計で 25 匹釣る。

Explorer
Wave Riding 1 だと、始めのエリアに 1 つ、次と最後のエリアに 2 つずつある。

以下実績リスト。

続きを読む

Phineas & Ferb

Phineas and Ferb: Quest for Cool Stuff
実績 wiki なし / TA / xba

北米リージョンロック。
コンプまで 6 時間ほど。

全 20 マップくらいで、すべての宝を取得をすれば大体クリア。
ひとつのマップに宝は 5 か 6。 マップ選択時に取得状況がわかる。
一部、パワーアップ後にしかいけない場所にあるので、あとで再度周る。
アクション性の高いイライラするギミックはないので簡単。

Shedding Some Light の 3 つ目の宝が見つからなかったので参考にした動画。
youtube

Fashion Aficionado
(厳密には違うけれど) Complete 101% を解除した時、Paint Job に Ducky Yellow が追加されているので、それを一度装備するのを忘れずに。

以下実績リスト。

続きを読む

Cars: Mater-National

前作の無印 Cars とほとんど同じゲーム内容だけど、実績的にはこっちのほうが断然楽。
収集物がややこしいところに配置されていたりしないのは大きい。
あと前作って、マップからワープしたり、直接ゲーム始められたりしたっけ?

ちょっと苦労したのは、実績 wiki にも書かれてるけど、Monster-Mater でゲートくぐっていくやつの #2。
あとは特にないな。 前作みたいにタイミング狙って左スティック下上でジャンプ、とかもしなくてよかったし。

マグナカルタ2

「マレの弓」がない!!
と気付いたのは 25 時間ほどプレイしたあと。
ないとなにが困るって、セレスティンの武器100%収集 っていう実績が解除できなくなること。
この周を捨ててもう一度最初からやるにはつらいタイミングだったので、これ以外の実績を解除しつつクリア。
クリアタイムは 34 時間。

で、もう一回初めから。 強くてニューゲーム、みたいなもんはない。
2 周目はセレスティンの武器以外は無視してよかったので、11 時間でラスダン。
マレの弓はコタ・マレに初めて行ったとき、セレスティンの加入後に購入可能。
失敗した周では、街に入るとすぐに武器屋に行って持ってない武器を買い揃えていたんだけど、そのせいでスルーしてしまっていた。

2 周目にあまり時間がかかっていないのは、チェーンブレイクを稼がなくていいことと、スキルポイントを気にしなくてよかったから。
特にスキルポイントは、獲得ポイントが増えるアイテムをレベルアップしそうなキャラに付け替える非常に面倒な作業をしなくてよかったので、かなりの時間短縮。 精神的にもかなり楽。

2 周したとはいえ、たった 45 時間でコンプできたのでたいしたことはなかった。
ロスオデの全宝は、諦めかけつつも 2 周目やって解除できたけど、あれは何時間かかったんだったか。
2 周目やったころにはインストールできるようになってたので、その点は楽だったけど。

そういや、なんでこれや Game Room なんかの金がかかるゲームをやったのかというと、ヤフオクで 5000 円のギフトカードを 3 枚買ったから。
期限があるし早く使わなきゃ、だったんだけど、今はもう少し買っておけばよかったかなと思っている。
前のページ 次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。